6/10 牛に引かれて

東京駅から長野新幹線で長野まで。車内での2時間は、先日のシンポジウムの出張報告をまとめるには、うってつけの機会であった。昼に長野市に到着。

取引先に対して少々専門的な説明をしてもらうべく、同行をお願いした同僚と合流して、昼はやはり信州ならば蕎麦を食わずばなるまい。用事は一時間あまりで終わったが、そう言えば長野と言えば善光寺、駅に戻る道すがらレンタカーのカーナビ頼りで寄ってきた。
f0057955_20415893.jpg
おおっ、これが、かの有名な善光寺なのか。でかい、立派。実に風格のある建築物である。
一光三尊阿弥陀如来様を御本尊とする善光寺は、全国にもその名を継ぐお寺さんが数あるらしい。名古屋市などは、各区に一つはあるようだ。
6/20にはダライ・ラマの特別講演もあるらしい。これに合わせて制作されている砂曼陀羅のスタッフなのだろうか、チベット?ラマ?仏僧の姿も目についた。

同僚を駅に送って、レンタカーに燃料を入れ、さあ私は明日の取引先訪問で甲府まで移動するのだが、間の悪いことに電車は一時間後、松本まで一時間乗って、その後は甲府までまた一時間かかるのだった。
甲府に着いたのは夜の8時になってしまったが、出張報告はまとめ終えたし、持ってきた神狩り2は居眠りしながらも読み進めたし、松本からは車中で缶ビールにもありつけたしで、移動時間はそこそこ有意義であった。

遠くとも一度は詣れ善光寺、救け給うぞ弥陀の請願
身は茲(ここ)に心は信濃の善光寺、導き給へ弥陀の浄土へ
by yokuya2006 | 2010-06-10 21:08 | 仕事と出張 | Comments(0)