3/29 私はゲゲゲ

f0057955_19342412.jpg副題は、神秘家 水木しげる伝 勿論 水木しげる著、角川文庫
帯には「描いて、笑って、88年。祝 米寿」日本漫画界の驚異、水木しげる自伝漫画の決定版!とある。

3年前に出版された単行本を文庫化したものだそうで、大のファンの私としては単行本で買わせていただくべきであったかもしれない。

第一部 のんのん婆と出会う少年時代から、召集令状が届くまで。
第二部 鳥取連隊からラバウル、左手を失い、地元の民と親しみ、復員して東京で漫画家になるまで。
第三部 結婚して貧しい漫画家生活、やがて児童まんが賞の受賞とともに訪れた超多忙な生活、ラバウルへの帰還、現世での怪奇との出会いと父親の死まで。
第四部 そして現世の神秘との出会いと今日まで。最後は煙に巻かれたようで、これもまたオモチロイ。

うーむ、素晴らしい方である。何かこう、現世から少し外れた大きさを感じる方である。時代を超えて、私の年代にも息子の年代にも、空間を超えてフランス人にも(最優秀漫画賞)支持されている方である。この方の感性を日本の宝として、大切に受け継がねばならぬのである。
by yokuya2006 | 2010-03-29 21:31 | 趣味の読書 | Comments(0)