3/21 酒蔵めぐりなど

f0057955_133427100.jpg連休中日の今日は、午前中は掃除だ洗濯だでバタバタして、昼前に家を出た。
甲子正宗ブランドの飯沼本家さんをネット地図で探して、酒々井まで出かけて行った。何と、いつも行くパークゴルフ場の近く、林の向こうにあるのだね。f0057955_13363481.jpg

あと30分待てば酒蔵を案内してもらえると言うので、周囲を散策。鬱蒼とした沢の林は、フィトンチッド溢れる空間だった。

足元を見れば道路に埋め込まれた「酒界」
おお、何て素敵なんだ。しかし、多分「酒々井町の境界標識」に過ぎないのだが。

直販店で、お土産物もありギャラリーが併設されている「まがり家」で、私は運転なのでカミサンに試飲してもらう。薫り高い生酒と、ちと時期は外れたが燗酒に向くと言う純米酒と、ついでに日本酒ベースの梅酒を買ってきた
f0057955_134495.jpg
ここまで来たついでとばかり、先日は大賑わいだった神崎の町まで車を走らせてみた。
日曜日のせいか、仁勇さんも寺田本家さんも門が閉じられている。人、人、人の波だった道路は、今日はたまに車が通る程度の静かなものだ。祭りの本部が置かれていた場所は、近所の病院の駐車場だったのだね。
寺田さんの先の肉屋さんは営業していて、先日のリベンジでメンチカツと枝豆コロッケと鶏ささみのチーズ巻きフライと餃子を購入。これで今夜の酒の肴はOKだ。

一般道も、大栄から乗った東関東道路も、車が多い。朝まで物凄い強風に雨も交じっていたが、この陽気だ、皆やはり車で遊びに出たのだろう。雨で畑は湿っている筈だから土埃ではあるまいが、視界がぼんやりと濁っていて、これは後で黄砂だったと知らされた。

自宅に戻れば、それでも強い風に黄砂は吹き去られたのだろう、夕焼け空に富士山のシルエットがくっきりと美しく見えていた。
f0057955_143947.jpg

by yokuya2006 | 2010-03-21 22:31 | 日常の雑感、覚書 | Comments(0)