3/11 相手の鈍感に呆れる

8日 午前は先週の不首尾のまとめ、午後から研究所に行って調整。船橋の会社で打ち合わせして戻る。国道14号は日中は車で走ってはいけないことを痛感した。

9日 茶系新原料の打ち合わせ、夕方にはバイオエタノール副産物の紹介があった。夜は、仕事で頑張った同僚の慰労会に家族も呼んで、大いに飲みすぎた。

10日 何とか穴を開けずに済んだ原料を供給してくれる商社と打ち合わせ。ようやくゴールが見えてきて、経過と今後をまとめた。家に帰れば下の息子が明日には帰ると言うので、またもや宴会。しかし、酔ってもレポートはしっかりとまとめる。

11日 昨夜まとめたレポートで部内説明、社内根回し。夕方に都内で関係業者と打ち合わせ。とりあえずこれで今回の騒動への対処は完了となった。来週早々に、届いた代替原料の検品に向かう予定を立てた。翻弄されたこちらの苦労を理解せず、原因を作った商社は相変わらずのマイペース。いい年をして自分が中心で世界が回っていると思ったら大間違いだ。何様のつもりなのか、まったく。
今日の天職は、怒りを通り越して相手の鈍感に呆れる仕入職。

下の息子が札幌に戻っていった。二週間とちょっと、我が家に戻っていたことになる。
見るたびに大人びて、学問が楽しいことは良いことである。
by yokuya2006 | 2010-03-11 21:26 | 日常の雑感、覚書 | Comments(0)