2/5 富士から戻る

朝の新富士駅、携帯電話を忘れたので、朝のご挨拶に自宅に電話をかけようとして、財布の中に死蔵されていたテレホンカードを取り出す。
おそらく一年以上使っていないカードだから、恐る恐る公衆電話に挿入すると「残り度数55」などと表示されたので一安心したのもつかの間、あれれ表示が消えて通話できなくなってしまった。
カードも戻ってこない。

故障の際は113に電話しろ、と書いてあるので電話してみたが、早朝の事で録音対応である。仕方なく、この状況と私の携帯電話番号をメッセージに入れておいた。
f0057955_23242443.jpg
富士山の麓で仕事して、昼には富士宮市で昼飯を食い、お土産店を冷やかしてからレンタカーを返して、新幹線で東京、千葉と舞い戻った。
f0057955_23262671.jpg
NTTの担当さんから私の携帯電話に何度も電話が来ていた事は、自宅に戻って初めて知った。明日になる場合もあります、とか自動応答で聞かされていたから油断していたが、失礼してしまった。

どこの公衆電話が故障していたかを特定したうえで、私の住所にカードを送り返してくれるのだそうで、素早く丁寧な対応に驚いた。公衆電話、利用頻度は激減しているのだろうな。テレホンカードは早いところ使い切ってしまって、公衆電話はコインで利用するのが吉である。
by yokuya2006 | 2010-02-05 23:39 | 仕事と出張 | Comments(0)