2/4 三島まで辿り着く

社内で問い合わせのあった農村型バイオマス施設、得意分野なのでつい張り切ってレポートなど書き進めれば、神力先生を思い出して暫しの回想。
神力先生、先生が着目して我が国で提案していた農村型のバイオマス地域循環総合処理施設、これから時代が追い付いて来るのかも知れませんね。

午後からは都内に向かって、親会社でグループ企業の幹部職を集めて、メンタルヘルス研修。鬱症状、パニック障害、燃え尽き症候群などについて、管理者としての対応を学ぶ。自らも厳しい立場におかれる中で、部下を思いやる余裕を求められる管理者、最近は働き盛りで部下を持たされた主任クラスのメンタルサポートが重要であるという。難しい時代である。

社内参加者で打ち上げをして、東京駅から新幹線に乗って三島まで来て泊る。
明日の試作を控えて、もうそろそろ就寝の時間である。
by yokuya2006 | 2010-02-04 22:57 | 仕事と出張 | Comments(0)