1/24 ミスタイプ

最近、キーボードのタイプで詰まることが多い。
私はカナ変換なので、例えば「宇宙」はそのまま「う」「ち」「ゅ」「う」と打つわけだが、この「ゅ」を打つ時には左手の小指で「shift」を押しつつ「ゆ」を打つのである。

この操作で「ゅ」は打てる、しかしその後の「う」が「ぅ」になってしまい、そのままのノリで右手親指で「スペース」或いは「変換」を押すと、宇宙が「うちゅぅ」になってしまって、正しく漢字に変換されない。単語によっては変てこりんな変換結果になる。で、都度戻してタイプし直しの時間が増えている。つまり、左で小指の「shift」を外すタイミングが遅くなっているのだ。

指の筋力の衰えか、左手首のスナップが弱くなっているのか、或いは全体的な神経経路の伝達スピードの低下であるのか。後者でないことを祈りたい。
by yokuya2006 | 2010-01-24 21:15 | 日常の雑感、覚書 | Comments(0)