3/15 願い星、叶い星」読了

河出書房新社 ベスターの「願い星、叶い星」を読了した。
まあ、面白かった部類か。
読み終わった後しばらくして、あっそういう意味だったのかと思いついたりするのも、一興。
最後の中篇は、落ち着いてもう一度読み返してみよう。
短編を読むのも細切れ時間では、仕方も無い。
昔は中断しても読み出すとすぐにストーリーを思い出せたものだが、頭が悪くなったのか、覚えるべき対象物が飛躍的に増加したものか、多分後者と信じたい。
新幹線の中で、スタージョンの二冊目に取りかかる。
by yokuya2006 | 2006-03-15 23:42 | 趣味の読書 | Comments(0)