12/31 今年の出来事を振り返る

1月は二男が成人式に戻った。ネットのアウトレット販売で大型ディスプレイを安く購入して、机のPC環境が改善できたのはこの頃だ。NPOの人事問題で大いに時間を取られ、苦い記憶が残った。
2月は本川先生の本を大人買いして楽しんだ。近隣の農協さんから堆肥セミナーを頼まれて、会社としてNPOの一環としてせっせと準備、同僚が発表しそれなりの反響を得た。

3月、農水省のエコフィード事業に参加することになり、私の仕事が増えた。上の息子が大学を卒業した。新製品と新原料で下旬には二度も九州に行っている。NPOの生ごみ処理機管理請負事業も見えてきて忙しくなってきた。
4月は上旬に、札幌の実家で父と祖母の法事があった。中旬にはNPOの定例総会、前後は事業報告書や会計諸表の準備や県への届け出、市税県税の減免申請に時間を要した。上の息子が新日本橋のシステム関連の会社に勤め始めた。

5月は、連休にはNPOで事業化に取り組む生ごみ処理機の稼働に専念した。パークゴルフに目覚め、カミサンと楽しみ始めた。過去にUPした放線菌の記事で、いつもは静かな我がブログが活況を呈したのはこの月だった。
6月、千葉市の手作り環境博覧会に、NPOでエコフィードをテーマに参加した。千葉市長選挙で民主党の若手候補が当選し、最年少の政令指定都市市長として名をはせた。下旬には、恩師の訃報に接する羽目になった。間の悪いことに、外部のシンポ出席で社を空けていたため、通夜にも葬式に出席できなかった。まさにテクノクラートとして尊敬すべき師であられた。

7月上旬に、ブログで知り合った方に牛糞堆肥をお送りした。おおむね好評をいただき、お礼の品までお送りくださったのには恐縮した。下旬には、ブログ友達のまとんさんが沖縄の帰り道に我が家に寄ってくれた。妹が急死したとの報を受けて札幌に向かった。肝硬変が進んだ食道静脈瘤破裂による出血性ショックだった。
数日で戻るが、8月は盆休みに再び札幌の実家に行く。中旬にはNPOで団地の夏祭りにきゅうりの丸かじりで出店し、きゅうり約千本を完売した。そうそう、月末の衆院選挙で民主党が政権を取ったことは忘れてはならない出来事だ。

9月、死んだ妹の四十九日には、上の息子に札幌に出向いてもらい札幌在住の下の息子と共に法事に出席させた。上の息子には、ついでに祖父にも会って本人の就職報告をしておいたのが結果として良かったことになる。中旬には、妹が嫁いでいた先の父上が入院中の病院で亡くなった。都合がつかず、札幌の下の息子にお悔やみに向かわせた。月末には透析の身の上ではあったが元気だった義父が、突然亡くなった。心不全だった。札幌に戻り通夜、告別式と済ませて四日後には千葉に戻った。

10月、札幌から戻って一日出社、次の日には成田からマニラに向かった。マニラでは洪水被害にあった友人宅の見舞いをした。フィリピンからは強烈な下痢を伴って帰国する羽目になった。中旬の千葉市民の日では、NPOで野菜の朝市販売などに参加した。国税に収益事業の届け出をした。ようやく茶系エコフィード取り組みの結実が見えた。

11月は中旬に義父の四十九日に札幌。下旬にはフィリピンからようやく試作原料が届いて、確認作業やその後に忙しくなった。月末には突然の円高とドバイショックに、金融危機の加速が心配された。佐々木譲の小説の完成度の高さにすっかりファンになったのは、この時期だった。
12月、岡山に、静岡に、都内へ、そして年末の札幌へと、小規模な出張と移動が多い月で、本を読む時間には不自由しない。佐々木譲の小説を読み漁って今に至る。月末に愛用のノートPCがご臨終となり、図らずもデュアルコアのウインドウズ7ノートユーザーとなった。

さても、訃報と法事で随分と札幌行きの飛行機に乗ることが多かった一年だった。
妹の死は我が身の余命を考えさせられた。仕事の充実を図るとともに、所謂ワークライフバランスを考えねばならぬ。恩師の訃報に続いてのことで、そのあとには義父の急死の追い打ちもあり、気の滅入る後半だった。

良い事はと言えば、上の息子が大学を卒業し、この就職難のご時世に無事に仕事を得て勤め始めたことか。親として一仕事が終わった感がある。実社会はいろいろあろうが、知恵と努力で頑張ってもらいたいものだ。札幌のマンションの支払いを終えたことも、ささやかながら達成感があった。

仕事は、ルーチンワークでない分、進行遅れに悩まされた。スケジュール感の貫徹が求められる。どうも取引先の諸先輩に振り回されることが多く、私はそうならぬよう気をつけねばと思う。

29日から実家に来ていて30日には家族も勢揃いした。ここ二日間は風邪っぽく喉が痛んで横になっていることが多かった。お陰で持ってきた「牙のある時間」と近所の書店で買った「警官の血」上巻を読了、下巻に進んでいる。「夜にその名を呼べば」は既に成田・千歳の機内で読み終えている。うーむ傑作ぞろいである。
f0057955_17215018.jpg
大晦日にはコロッケを大量に作って食べた。残りは保存食としても重宝するのである。
by yokuya2006 | 2009-12-31 22:11 | 日常の雑感、覚書 | Comments(0)