11/7 時の娘

f0057955_20453831.jpgフィニィ、ヤング他、中村 融 編、創元SF文庫

タイムトラベルSFは、ロマンスと相性が良い。と言うことで編んだ短編9つを収録。本邦初訳3編と、残る6編も入手困難な我が国では珍しい作品だそうな。

SFの数ある設定の中でも、アクロバティックな展開が可能なタイムトラベルもの。表題作も秀抜だが、他の作品も意外性が満載。ワクワクと楽しく読んだ。
このように、ユニークな視点で集めてもらうのも有難いものである。
by yokuya2006 | 2009-11-07 20:46 | 趣味の読書 | Comments(2)
Commented by 豆作 at 2009-11-08 08:24 x
私はタイムとラベルものは、光瀬竜の「夕映え」とか筒井康隆の「七瀬」くらいしか知りませんが、歴史小説というのもある意味読み手のタイムとラベルですよね。
忙しい中での読書量すごいですね、読む時間はどう作りますか?SFは別腹ということでしょうか(笑)
Commented by yokuya2006 at 2009-11-08 10:14
豆作先生 本を読む時間は、休日のまとまった時間以外では、就寝前と電車の中と時間待ち合わせの埋め合わせくらいですね。
首都圏のサラリーマンは、電車での移動が仕事ですから、本を読む時間には恵まれています。もっとも、この頃はマンガやゲーム機、携帯電話が相手の人たちがぐんと増えましたね。

実はもっと読んでいるのですが、書きとめておくべきものだけUPしています。後で、この本をあの時に読んで、こう感じたのか、などと振り返るのも一興です。