9/16 夏草や

通勤途上の海辺の道は、草いきれこそ芳しく。
しかして、歩くのにはちと邪魔であるのも、おかしけれ。
放っておくと、こんなにも繁茂するのだな。
f0057955_20151752.jpg
一句、夏草や歩くに邪魔だ草刈れ地主。あれっ、5.7.7.になってしまった。
by yokuya2006 | 2009-09-16 20:20 | 日常の雑感、覚書 | Comments(8)
Commented by tokyosurface at 2009-09-16 21:56
虫がいそうでわくわくします。
Commented by yokuya2006 at 2009-09-16 22:08
虫います、毛虫にバッタにコオロギさん、羽虫に蝶ちょに蜂さんも。
夕方になると、黒い小型の生き物が上空をフィンフィンと飛びまわります。多分、コウモリさんがエサを獲っているのだろうと思うのですが、動きが早過ぎて、良く判りません。
Commented by kyaspa145m at 2009-09-16 23:11
本当にほっておくと汚く伸び放題になりますよね
千葉のマンション街なのにそんなに色々な虫ちゃんがいるんですか
コウモリまで? 北海道にはいないのか、私コモリ見たことありません
Commented by michijane99 at 2009-09-17 12:12
お見事!!なかなか味のある一句だと思います。このまま放っておくと、歩道のアスファルト部分に草が侵入してくるでしょうね~!!大変!大変!ただ、虫さんにっては楽園ですね♪
Commented by yokuya2006 at 2009-09-17 19:57
kyaspaさん、蝙蝠いるのですよ、内地は。
小型です。蚊とか羽虫とか食べて益獣です。
黄金色だったり、人の血を吸ったり、バンパイヤと群れて飛んだりしません。
しかし、あの空中での身軽さは、我々と同じ哺乳類とは思えません。
エコーロケーションしながら、クルクルと飛び回る様は、鳥類を遙かに凌駕しています。必見ですね。
Commented by yokuya2006 at 2009-09-17 20:00
michijaneさん、そんなに褒めていただいて。
これからは、自由律の歌人として、人生を送ろうかしら、、、
そうです、草や虫にとっては、楽園なのですね。邪魔だと思った人類など、ちと数の増えすぎた動物に過ぎません。
Commented by urasimaru at 2009-09-17 20:31
おっと別名で失礼しました。ちょっと緑が増えると、どっと生き物が増えますね。
北海道にはアブラコウモリ(街中でひらひらしてるやつ)がいないんですねー!
こんなのみつけましたhomepage3.nifty.com/sapporo-wbsj/essay/essay0401.html
Commented by yokuya2006 at 2009-09-17 21:05
urasimaruさん、北海道の街角では、蝙蝠が夕方にフインフインしていないんです。
そうなんですよね。生態系の基盤は、やはり植物が地べたと共に作るのですねぇ。実感します。光合成、万歳。