8/29 どうする衆院選

このところ朝夕はぐっと涼しい日が続いていたが、昨日は真夏日に逆戻り。
暑かった金曜日の夜は、友人もさそってカミサンと近所のデパートのビアガーデン。
自宅に戻って、テレビで20世紀少年第2部を見る。カンナが、似ているが歳を取りすぎていて、やや違和感。老け顔を作ることは出来ても、成人女性が少女に化けるのは難しいようだ。

今日は朝から、まだ暑い。しかし夜には雨の予報である。
いよいよ衆院選投票日を明日に迎えた。
f0057955_14453337.jpg
もはや民主党の大勝は揺るがない情勢だそうである。
私の住む選挙区では、自民党からは臼井正一、民主党からは田島要、二人の一騎打ちである。事実上の、とか言っておく必要はあるのかな。

臼井正一は34歳、引退した臼井日出男の息子である。祖父の臼井荘一も衆議院議員であったから世襲3世ということになる。千葉県議を2期務め今期に衆院初挑戦、祖父、父と共に地元の千葉に暮らし、父の地盤を引き継いでの、まさに正統派の自民党世襲議員だが、父親共々誠実な人柄で地元有権者からの信頼は厚い。父の志を継ぎ、若き保守陣営の一員として今後の活躍が期待される。千葉では「うすいブランド」は健在であろう。

ところで、民主党の若き市長候補者に対処して、この人が市長選に出れば面白かったろうにと思うのは、私だけだろうか。もっとも、副市長では負けが判っていても軌道修正できなかったのが自民党体質である。

田島要は47歳、海外勤務を含めて企業経験を積んだ後、政治家に転身して民主党から衆院出馬。今期三選目を目指す。経歴から見ても実力十分で働き盛り、論旨明瞭で人物としても非常に魅力的だ。

さあ、どちらに投票しようか。支持政党のない私としては困ったことである。
by yokuya2006 | 2009-08-29 16:46 | 日常の雑感、覚書 | Comments(0)