7/30 いろいろあった日

NPOで生ごみ処理機を管理させてもらっているクライアントから、急なリクエストがあって作業が発生してしまった。まあお客様だから止むを得ないか。いつも通り会社に出て、バタバタと電話だメールだ稟議書だの片付けものをしたあとで、今日は会社は休みにします。
f0057955_11301159.jpg
暑い日である。空には、夏の入道雲がモコモコしていた。

11時から作業服に着替えて、処理物の取り出しと後片付け。思ったよりも時間がかかって、堆肥処理の場所まで行って戻り、二度目の取り出しを終えた頃に実家の母からの携帯メール、入院中の妹が容態が急変して死んだとの知らせに愕然とする。

この頃は入退院を繰り返し、腹水が溜まったの吐血したのと聞いていたので覚悟はしていた。危篤ならまだしも、死んでしまっては、落ち着いて考えればもう私が急いでするべきことは何もないわけなのだ。

NPO仲間の畑に堆肥を運んで電話で処理を託し、会社に電話して明日からの特別休暇を申請して自宅に戻る。今日は夜にブログ友達のまとんさんが訪ねてきてくれるのだ。
うら若き初対面の女性に嫌われてはいけないので、シャワーを浴びて生ごみ堆肥のにおいを落とす。カミサンが朝から圧力鍋でいろいろ仕込をしていてくれたので、私は枝豆でスープを作る。おっ、そろそろ駅に迎えに行かなくては。スープを冷蔵庫で冷やしている暇がない。残念ながら冷製スープにはできなかったが、まあいいか。

ブログでは三年越しのお付き合いのまとんさん。ビールや柚子酒や、何やらかにやらを飲みながら、楽しく沖縄の話などいろいろ聞いた。
感受性豊かでタフ!な、笑顔の可愛いお嬢さんであった。どうしてこんな良い娘さんを放っておくかな~、世の若き男どもよ!
これから在来線でゆっくりと北帰行、明日は遠野とのこと。お気をつけてお戻り下さい。
また着てね。どんどはれー。

さあ、土曜日の通夜にむけて、明日のうちに札幌に入っておくこととした。
by yokuya2006 | 2009-07-30 23:54 | 日常の雑感、覚書 | Comments(0)