6/26 バイオマス利活用セミナー

幕張メッセでのセミナーを聴講した。
午前中は、「バイオマス利活用セミナー」
~非食料系バイオマス生産の最先端技術の紹介~で、3題。

木質系バイオマスからのエタノール生産の課題」 技術的な総括で開発の現状をまとめていただいたが、特に新味はない。相変わらずの糖化段階の前でのリグノセルロースの難分解性への対処と、その後の五炭糖を資化する酵母の開発が問題である。

バイオ燃料の持続可能性」 そのバイオエタノールは、持続可能性基準に照らして堪えられますか、の世界的な動きの総括。蒸留副産物について質問したが、かみ合わなかった。
第一世代の現場は、こちらの方が詳しいということか。副産物を有価物として販売できるか、処理対象物として新たにコストをかけるかでは大きな違いだと思うのだが、研究者諸氏はいかにエタノールを作るかにご執心であるのはもっともである。

CO2 80%削減シナリオに対応する地域型戦略とバイオマス利用」 運輸部門より建築物に関わるCO2削減こそが急務、バイオ燃料を内燃機関に使う限りはCO2削減はできない、電気自動車のバッテリーは鉛電池でも十分に対応でき、その利用インフラ整備こそが必要、など大所高所からの面白い提言だった。この方の講義をみっちりと聴きたかったが、何しろ時間が不足であったのは残念。
by yokuya2006 | 2009-06-26 21:02 | エネルギー | Comments(0)