6/14 忙しい日曜日

朝食の後で、団地の草取りに家族3人で参加。その後は自転車置き場の整理。
一旦戻ってから、今度はまた3人で近所の小学校に設営された選挙会場まで行って投票。
自宅に戻って昼食は、昨日 会社の同僚の友人が挑戦したという「第10回素人そば打ち段位認定東京大会」のお流れ蕎麦をいただいていたので、これを食す。旨かった、有難し。
f0057955_22381443.jpg
午後からは、徒歩で千葉大学まで出かけて、公開市民講座に参加した。
ご老人が多い会場だったが、失礼ながら話の下手な方と話が難しい方では、多分ほとんどのお客は何が何だか分からなかったろう。酵母は大腸菌よりは人間に近いのだと、真核生物の細胞モデルを示されても、一般の人は多分意味も判らない。

無料だから文句は言えぬが、自己満足ではなく、もう少し聴衆のレベルを勘案したほうが良い。
キッコーマン研究員氏は、流石に場慣れしていて説明もお上手、講演後に質問者が演者を取り囲んで熱く語らっていた様子だった。

講座が終了して、生憎の小雨が振り出した中を、春雨に濡れつつ徒歩1時間ほどで帰宅すれば、我が家ではカミサンの愛機PCがご臨終となっていた。ハードディスクの故障でシステムが立ち上がらない。2001年の機械だから、XPマシンではあってもそろそろ寿命か。
明日から仕事で、動けるのは今日のうちとばかり、PC屋に車を走らせる。
ソフト無しの本体が35,000円、20型ワイド液晶ディスプレイが15,000円、何とも安くなったものだ。しかして高機能である。

戻って夕食。その後は息子にシステムを構築してもらった。
500GBものHDDをフォーマットして、XPを入れ、アプリケーションを入れ、メールアカウントを設定する。流石に手馴れたもので助かる。私がやっては半日はかかるところだ。

千葉市長選挙では、民主党の若手候補が当選確実の報。
民主党支持ではない私も、消去法で彼に投票せざるを得なかった。4月の市長逮捕の後の選挙であるから、後継と目された人物には分が悪すぎた。しかし、この人物には市の巨額の負債に対する取組み意欲が見えないから、票は集まるまい。逮捕市長の側近だった彼であれば、改革は無理である。
自民党が敗退したのは、機を敏に見てこの人物を降ろし民主若手に対抗できる候補を擁立できなかったためなのだが、手近にその人材がいなかったのなら、やはり自民党の負けである。

当選した氏には、これから試練の嵐だろう。選ばれた以上、しかしあまり気張らずに、揺るがず、惑わず、体を大事に改革に取り組んで欲しいものだ。
by yokuya2006 | 2009-06-14 22:30 | 日常の雑感、覚書 | Comments(0)