6/13 明日は千葉市長選挙、モノレールを考える

f0057955_19845.jpg明日に迫った千葉市長選挙だが、さて市民の判断は、どうなるのだろうか。

争点の一つに、千葉都市モノレールの延伸問題がある。

長年の赤字体質を、市と県の借金をチャラにして、そして施設を市に移管する手法で資産を軽くして、ようやく黒字化したばかりというのに、今度は新たに県庁前から市立青葉病院までの2キロ程を更に伸ばそうというのだ。

なるほど、延伸路線の途中には千葉大医学部が、千葉大学病院があり、終点の市立青葉病院の向かい側には県立中央博物館と青葉の森公園があるから、乗客は増えるであろう。
休日の「青葉の森の駐車場」は、いつも満車であるし、青葉病院の背景には住宅地も広がっているから、もちろんバス路線はあるものの住民にはモノレールも便利であろう。

千葉駅からスタートして県庁前までの今の路線は、途中駅がたったの2つ。今のところの終点の県庁前駅はまだしも、途中駅の栄町駅・葭川公園駅などは、JR千葉駅からも或いは京成千葉中央駅からも徒歩圏で、存在意義は非常に希薄、実際に乗客は極めて少ない。
しかし、これを伸ばせば、千葉駅から乗車する客も増えることが期待できるし、モノレールはJR千葉みなと駅にもつながっているのだから海浜幕張地区など美浜区エリアからも集客が期待できよう。そもそも千葉みなと周辺は最近は開発の進展が著しく、人口も増えている。モノレールの乗客数も上昇しているのではないか。

千葉市には、海側からJR京葉線、京成千葉線、JR総武線と総武快速線が、ほぼ並行して東京方面に向かっているのだが、これらの横のつながりは決して良くない。美浜区などは、東京には出易いが千葉市の中央エリアからは孤立しているといってもいいぐらいだ。この意味からも、延伸の効果は大きいものがあるだろう。

問題は費用対効果であり、そして収支が見合うかにある。
今のままの4駅ルートだけなら、いっそ廃止したほうが良く、予算が許せば延伸すべき、と言うことになる。市も ⇒それなりの試算はしている。
まあ、皮算用が楽観的に過ぎるとの批判もあるようだから、もう少し精密なものを公開する必要があろう。そして誠に残念ながら、現在の千葉市の財政には問題がある。
税収が落ち込み、しかもその回復が当面見込めない中で、公共施設整備に金を使い過ぎてきた実態がある。今ここで、僅か200億円弱とは言っても新たな投資は控えるべきことは明らかだ。従って、延伸計画は凍結すべし、が私の結論だ。

だが新市長には、延伸撤回の結論ありきではなく、財政再建を進めた上で千葉市の重要案件としてモノレール問題を意識しておいて欲しいのだ。
市には、市役所、動物公園、市立病院など、自分たちの施設をモノレールで結びたがる傾向があるが、路線がペイするためには「東京圏への通勤者の利便を図ること」に尽きるのだ。
同じ二階にある「モノレール千葉みなと駅」と「JR千葉みなと駅」は、二階改札で繋げないか。
最寄のJR駅にモノレールから効率的に通勤者を運ぶことを考えたまえ。
そのような、「市民にモノレール延伸が必要だと思わせること」「モノレールは便利だと言わせる営業努力」を、まず市の担当者は成すべきであろう。
by yokuya2006 | 2009-06-13 19:25 | 日常の雑感、覚書 | Comments(2)
Commented by kyaspa145m at 2009-06-14 01:39
お久ぶりです、ブログ復活してきました、千葉市長選挙、なかなか問題が有りそうでどなたが当選するか興味ありますね、ちなみに甥っ子が千葉市民なのでなんとなく親近感がわきます
Commented by yokuya2006 at 2009-06-14 10:33
kyaspaさん、写真で見るフランス旅行、圧巻でしたね。
北海道の花々の写真も、楽しみにしていますよ。
さあ、千葉市長選挙。これから投票してきます。私は経験豊富な方より、若い方の変革への熱意を選んでみます。