6/7 エコフィードで出展した

第5回ちばし手づくり環境博覧会に、NPOとして出展した。
生ごみ資源化のテーマで展示する他の団体も多かろうと考えて、我々は「食品副産物の飼料化=エコフィード」をテーマに選んだ。
f0057955_21422949.jpg
一日目の土曜日は、9時から会場設営、11時に開会式、17時に終了。二日目の今日の日曜日は、10時にスタートして15時に閉会式と撤去作業。
主催者側の発表によれば、お客様は1100名との事だが、我々のブースに足を止めて少なくとも会話が成立したお客は二日間で50名強と言ったところか。

土曜日は雨が祟って客足が鈍く、日曜日は今度は好天が祟ってますます客足は途絶えた。
なるほど、郊外店には人が自家用車で向かうのだろうが、休日の市の中心部はこの有様なのだなと腑に落ちたことだ。
昼飯を食いに出た帰りの会場前。車もまばらで人も歩いていない。
f0057955_21503541.jpg
それでも、昔所属していたNPOの方々や、新たに会場で出会った出展者の方々、もちろん我々のブースで話しを聞いてもらったお客様達と会話ができたのは楽しいことだった。
まったくの素人さんと話すことで、こちらのスタンスを自ら客観的に捉え直すことができる。
他のNPOの方々と話すことで、当方の方向性を再確認する。一般市民の認識度合いはどのあたりかを、見定めることができる。その意味では、なかなかスリリングな体験であった。

会場の新企画でスタンプラリー。景品に当方から供出した「まるの野菜」が好評だったようだ。
この野菜は会員の原価提供なのだが、もちろん無償ではない。
事業の幅が広がったことで、このような非営利活動にも資金が回せるだけ、当NPOも充実してきたことを喜びたいものだ。
by yokuya2006 | 2009-06-07 21:50 | エサと飼料化 | Comments(0)