5/31 ル・オタク

f0057955_18434242.jpgル・オタク フランスおたく物語 清谷信一著 講談社文庫。
98年に発行された先見の書を、10年を経過して追補、文庫化。
今や世界の価値観となった日本のアニメを、あの時点で予言していたのは流石だ。

なぜ、ヨーロッパで、フランスで、UFOロボ・グレンダイザーが、リボンの騎士が、ガッチャマンやハーロックや魔法使いサリーが人気を博したのか。
なぜYoutubeで、イタリア人が日本語でテッカマンの主題歌を歌って盛り上がっているか。この本を読めば、なるほどと腑に落ちる。

日本アニメの浸透を受けて、当時のフランス政府が示した拒絶反応、しかし欧州おたく達の力がもたらした勝利を知りたまえ。

与党の「国立メディア芸術総合センター」構想を、民主党鳩山代表が「漫画喫茶」などと酷評しているらしいが、マンガ=ガキの読物=マンガの好きな(と伝えられる)麻生首相への攻撃材料くらいの発想であるとすれば、お寒いことだ。
著者の清谷信一氏の公式ブログ「清谷防衛経済研究所」を読んで、ジャパン・クールの意味と価値を正しく認識していただきたいものだ。
by yokuya2006 | 2009-05-31 21:22 | 趣味の読書 | Comments(0)