5/14 日比谷公園から霞ヶ関

13日は、前日の会議のまとめ。さあ帰ろうの頃に電話で、昔担当していた商品のデータまとめの依頼あり。興味もあったので、システムの多次元データベースから落としてエクセルで加工しているうちに、何と!今日は降らないはずの雨が窓を叩く。
傘がないので、かみさんに迎えに来てもらい、帰宅した。

14日 午後から農水省。昼飯のために地下鉄を日比谷で降りて、そのあとは日比谷公園の縁を回って官庁街へのアプローチ。ふと見上げれば、樹木のそこここにポカリポカリと薄緑色の花がついていた。面白い花だ、何と言う植物なのだろう。植物の名前には弱い私。
f0057955_21343319.jpg
日比谷公園から歩けば、上着を手に持っても汗ばむ陽気である。
f0057955_21341660.jpg
新原料の打合せは3時過ぎに終わる。来月には審議会にかけていただけるようだ。
桜田門まで歩いて地下鉄で戻り、今日は自宅へ直帰とした。
by yokuya2006 | 2009-05-14 21:47 | エサと飼料化 | Comments(2)
Commented by mikiko at 2009-05-15 21:58 x
はじめまして・・・
ときどきお邪魔させていただいております。
日比谷公園の樹木に咲く花
葉の形からおそらく“ゆりの木”と思われます。
お写真では、白っぽい花に見えますが、「薄緑色…」とありますので。
(英名は tulip tree )
たしか・・・上野・東京国立博物館の庭にもあったような・・・?
見事な大木なんですよ~
Commented by yokuya2006 at 2009-05-15 22:19
mikikoさん、おいでませ。ユリノキですね。ネットで調べてみました。
確かに、この花です。
おや、と見上げて、花を見つけたときは、得した気分でした。
ご教授、感謝!