3/25 息子の卒業式

いよいよ、上の息子の大学卒業の日だ。
ちゃんと4年で卒業してくれた。留年を繰り返した私とは大違い、立派なものである。
総合情報学士だそうで、この頃はそんな学士様もあるのだな。

息子は、自宅通学で、真面目に順調に4年で卒業。
私は、下宿通学で、教養課程が面白くなくて大学に行かず、クラブとパチンコと麻雀と趣味のオーディオで遊んでばかり。それでも専門課程に進めば楽しくて、先に卒論単位を取ってしまってから、2年かけてバイト先で準社員として勤務しながら教養の単位を取り直した。
勿論のこと息子が正しいのだ。私は親に大きな迷惑をかけた。しかし、寄り道して遊んだ分だけ免疫もついたし、準社員として働いたのも得難い経験だった。

息子は素直で純真である。いい年をして純粋すぎる。汚れたところがないのが、少し気になる。
これで実社会で、やって行けるのだろうか。
まあ、成人して大学も出た息子に、あれこれ親が心配しても始まらない。
素性の良さを信頼して、彼の人生を歩ませるしかないのだな。

仕事に対する姿勢は、親の背中は、見せてきたつもりである。
精一杯、自分の道を探しつつ、日々の仕事に励んでくれ給え。
これで、子育て一丁あがりである。さて、残るはもう一人と。
by yokuya2006 | 2009-03-25 21:53 | 日常の雑感、覚書 | Comments(0)