1/10 お通夜の帰りに

三連休初日の10日は、夕方から取引先の社長さんのお母様のお通夜に出かけた。
寒い日で、しかも風が強い。今シーズン初めて、マフラーと手袋を衣装箪笥から引っ張り出す。
坊様を呼ばぬ音楽葬とかで、会場の片隅にはコルグのシンセを奏でるおねーさんが、氷川きよし氏の楽曲(故人がファンだった由)を短調でゆったりと演奏している。ご親族のご焼香、曾孫さんだろうか、赤ん坊や幼児が多い葬儀は何か救われる気がするものだ。その後は皆で順番にご焼香して終了。このような趣向も、あまり深刻にならず心がこもっていて良いものであるな。

駅まで戻ったところで焼き鳥屋に息子を呼んで一杯。そのうち、二次会が終わったかみさんも合流して、酔った勢いで、下の息子を札幌から呼び付ける算段をした。息子は住民票を移してしまったから成人式は北海道で迎えるわけだが、周りに知り合いのいない式典に出てもつまらなかろう。千葉市の成人式は、千葉市に住んでいなくても、案内状がなくても参加できるはずだと長男が言うので、明日の朝イチの飛行機で来いとメールで誘ってやったら、夜中にメールが返ってきた。明日の朝は、羽田に迎えに行かねばならぬ。
by yokuya2006 | 2009-01-10 22:03 | 日常の雑感、覚書 | Comments(0)