久々の休日、カミサンとノンビリ朝飯として、昼は一蘭までラーメンを食べに行く。近所のスーパーで買い物をして、研究所の柑橘を収穫に行った。
f0057955_23113863.jpg
夜は鰤しゃぶの後で、牡蠣を鍋にして温まる。余した牡蠣はオイルで煮て瓶詰めとした。

収穫してきた鬼柚子を浴槽に放り込んで、香しき柚子風呂。
幸せのうちに就寝の予定である。Win10の更新作業が長かった。
7日 早朝から千歳駅、沼ノ端駅まで移動して車で拾ってもらった。めったに降らぬ雪が苫小牧から日高に降ったばかりとかで、悪路を想定して早めの移動としたのだが、結局は浦川まで路面にはなかったね。
f0057955_1032247.jpg
販売店さんらと昼飯を食い、競馬の関係施設を見学させていただいて、南千歳から札幌。ススキノの定宿に着いたのは午後7時。ビールを飲んで、さっさと就寝した。

8日 病院に母を見舞い、洗濯物を受け取り実家で洗濯。その他、持っていくものをまとめて、不在郵便物を受け取りに南局、年賀はがきを買う。次いでミュンヘン大橋のコーチャンフォーで、母に読ませる本を買い、頼まれていた三年日記、スイスへ送るクリスマスカードとカレンダーなどを買って母のもとに届ける。

お医者様と介護士さんらとのカンファレンス、残す一か月と少しの入院期間とその後について打ち合わせた。

夜は取引先とススキノで打ち合わせと飲み会。札幌市内は夕方まで雪がかなり降った。温度が低いので路面は凍ったまま溶けず、その上にフワフワの新雪が乗る最悪の道路状態。歩行者は滑って転ぶ、車は交差点で一度停まると発進できない。

9日 洗濯物を収穫して、三度 母のもとへ。今日も道路状況は最悪で、バスも車もノロノロ走る。バス移動を諦めて地下鉄とJRで新千歳空港。空港内の郵便局で、カレンダーをEMS:国際スピード郵便で送る。スイスまで2600円也。

Jetstarで成田空港まで、待ち時間と機内ではひたすら今野敏の孤拳伝3に没頭する。相打ちとは、腕を上げたなロバート・ソン。

ポルテ号を受け取って東関道を戻れば、千葉北ICでまさかの大渋滞。ゆったり戻って夕飯を作るはずが、バタバタと拵えて席についてTVをつければブラタモリの時間だった。
5日 朝から再び虎ノ門。午前中の研究会に出席して、終われば展示を撤収して、先生方有難うございました。首都高を飛ばして千葉まで戻り、遅い昼飯を食べてから事務所に帰還。

個人面談があって、雑務をこなしていればアッというまに退社時間に至る。冷蔵庫にがんもがあったナ、大根を買って帰り、炊き合わせなど。冷凍のホタテもバタ焼きとした。
f0057955_18301979.jpg
6日 先月の販売実績の速報日。売り上げも史上最高だが、返品額も新記録だ。私はヌルイので「まあしょうがない」だが、若き統率者はこれをどう見るか。

昼を過ぎて、成田空港からJetstar。千葉も寒気が覆っていたが、千歳はさすがにキンと冷えている。明日は雪が降った日高だ。時間に余裕を見て移動することにしている。
虎ノ門は発明会館で研究会。早朝から車で都心を目指した。
f0057955_22264213.jpg

聴講しつつ展示もせねばならぬので、近所の駐車場に車を止めて台車でゴロゴロと会場に持ち込む。

駐車場は何と15分で500円、一時間停めていたら2,000円!!!
しかし、探せば一日上限4,000円のところがあって、ここに車を止めたのだった。

有意義な発表をいくつか聞いて、5時に終われば、首都高が混まぬうちに戻ってきた。明日はもう一度出かけねばならぬ。明日も駐車場が空いていることを祈る事である。
3日 思い切り寝坊して、朝昼めし兼用を作りて食す。
家の掃除、ベランダのバジルの整理、アレカヤシを剪定して室内へ、赤唐辛子はまだ青い実があるのでぎりぎりまで置いておこう。
念願の衣替えを実施した。今日は一歩も外には出なかったな。

2日 昼前にはカミサンがセミナー参加、その後は女子会とか。
私は銀行口座のメンテをしつつ昼飯を食べ、クリーニングに出していたジャケットを受け取るなど。夜は一人であれこれ作りて食す。

1日 朝礼、雑務、午後から歯医者に抜けて、来週の展示品を車に積み、クリニックに寄って降圧剤を受け取って帰宅。

暴力を振るったとされる横綱が辞めたり、ミサイルがこれまで以上の性能を誇示して飛んだり、大企業の不祥事が連鎖して、近所ではいよいよイオンが開店したりで、気温は低め。季節は確実に冬に向かっている。
25日の土曜日、成田11時発のJetstarで新千歳空港、快速エアポートで札幌に移動すると周りが白くなってきた。

札幌市内はふわりふわりと雪が舞う程度だったが、母のいる川沿の病院あたりでは短靴で歩くのに支障があるぐらいの積雪、そしてたまたま見舞いに来ていた甥家族に車で送ってもらった我が実家は、なかなかの積もりようだった。
藻岩山を回ると、天候が変わるのである。
f0057955_742753.jpg
26日 毎年頼んでいる実家前の道路の除雪を、今年も近所で重機を持っている方にお願いして、洗濯物をもって病院に母を訪ねる。

バスで真駒内、地下鉄で札幌駅、快速エアポートで新千歳空港。
飛行機で成田に着くまで、ずーっと読んでいたのは異世界居酒屋「のぶ」。何故か箱庭的な中世の都市に店開きしている居酒屋。

客はトリアエズナマを飲みオトーシを楽しみ、そしてタイショーが提供する和の調理法で生み出される季節の異世界の(日本の)料理に舌鼓を打つ。そして、集う人々の人間模様。

店の裏側は日本につながっており、仕入れはここから。電気も水道も通じているが、中世の客には、飲用可能な水が湧き出る蛇口も、夏は涼しく冬は暖かな店内も、そしてキンと冷えたトリアエズナマも、タイショーの操る包丁の切れ味も、レイシュを注ぐグラスの完成度も、すべて魔法である。

店の表の異世界は古代ローマ(否、名前からしてゲルマン人?)の都を思わせるものの、夜空には月が二つかかったりして、どうやら地球ではない。或いは月が二つあった頃の地球なのか。

面白い。
実に面白い。この作者はタダモノデハナイ。
24日 このところ、ピンと冷え込んだ日々が続いている。
f0057955_19135018.jpg
今日などは空には雲一つなく、これは冷える訳である。

さあて、新製品に関するスケジュール作りをしながら、今夜は会社の忘年会である。幕張のホテルがバスで迎えに来てくれて、午後7時を待たずにスタート。

ビュッフェ形式なので極力「含水炭素」は取らずにいたものを、ビンゴで当たった景品がペットボトルいっぱいの麦チョコとは皮肉である。隣のテーブルに居た誰かさんにあげました。
f0057955_19244239.jpg
二次会には流れず、開店したばかりの検見川浜イオンでIPAを買い求めて、カミサンと乾杯。明日は札幌だ、早めに就寝。
19日 我が家で昼から下の息子の誕生パーティー。たくさん食べて飲み過ぎて、翌日の朝は腹を下して何度も目が覚める始末。情けなし。

20日 思い立って、都内の関連法人に事情を聴きに行く。ついでに午後から二件の取引先との打ち合わせも入れられて、有意義だった。寒い日でジャケットにリュックを背負い手袋とマフラーだが、寒さが身に染みた。
f0057955_20542414.jpg
法人に出向している同僚と先輩とで酒を飲んで帰宅。

21日 昨日に増して寒い日だ。
製品リニューアルの準備などしながら、今日からかみさんが京都に行くので、ラーメン屋で食事を済ませて帰宅した。

カミサンが戻ってきた翌日は、私の会社の忘年会。そして土日は母の見舞いで札幌だ。カミサンとは暫くすれ違いが続く。一人でも、きちんと食事を作り、規則正しい生活をするべきである。
午後から飼料用米の意見交換会があった。
小伝馬町の馬喰町との境目辺り、ここは私が札幌から転勤してきて数年間務めていた我が社の事務所があったところだ。
今から思えば短い東京通勤だったけれど、濃~い思い出が詰まっている場所である。
f0057955_22404049.jpg
江戸通りを渡った先の豚カツいもやさんは健在であった。ご当地銘酒「神田橋」を買い求めた隣の酒屋は、営業していないようだ。
f0057955_22461014.jpg
昼に、夜に、よく利用していた中華「味の一番」もそのままだ。

会合ではいろいろ話題が出た。当方が関わるものも多いのだが、紛糾を恐れてバックレたりしながら、問題意識を持ちつつ帰宅。
我が社の関りを少し調べてみる必要がありそうだ。
13日 打ち合わせ場所は北大の裏側にある。時間があるので、駅前ホテルから北大構内をテクテク歩く事にした。
f0057955_2113388.jpg
樹木は既に冬を迎える準備で盛大に葉を落としている。学生らのほかには、近所のお散歩らしきご夫婦、或いは犬を連れた方々、そしてやはり早朝からいるのだな、声高に話しカメラを構える亜細亜系の観光客の家族。
f0057955_21184030.jpg
小一時間で打ち合わせを終えて、再び北大構内を戻る。クラーク博士にご挨拶をして、昼過ぎには新千歳空港に移動した。
f0057955_21201143.jpg
雨が降り出した千歳を離陸して、成田空港への着陸時には大きく機体が揺れた。帰宅した午後7時過ぎ、千葉にも雨が降り始めた。

14日 雨模様でエスケープ号での通勤は諦めた。
久しぶりの日常が戻ってきた。出張報告やら、出張精算やら、資料の打ち合わせで、それなりに忙しく定時を迎えて帰宅。
もはや11月も折り返そうとしているのだな。
10日 同じホテルに泊まっていた同僚と合流して、レンタカーで研究所に向かう。新製品やらリニューアル品やらの打ち合わせ。来年度に向けて粛々と進めねば。

昼前に終えて、今度は本社で会議のある同僚を送っていき、今日の私の仕事はお仕舞だ。
駅前でレンタカーを返して、出張のついでに有難く母の病院でのカンファレンスに向かわせてもらった。母の主治医、介護職、病院の健康相談員の方々と、今後の治療の方向について打ち合わせる。

母は、腰痛が日を追って改善しつつあり、また帰宅への気力も湧いてきたようである。

11日 土曜日。母の洗濯物は昨日のうちに済ませて、部屋干しだが扇風機をかけてあった。その他、言われたものをあれこれ持って病院へ。

たまたま高校の同期会で来札したカミサンを迎えに行き、今度叔母様方と京都に持っていく分骨を受け取り、母の見舞いは時間が許さぬ。明日にして、大通りまでカミサンを送っていく。

12日 起床すれば粒雪がパラリパラリと舞う朝。周囲の山々は薄っすらと雪化粧だ。カミサンと共に母を見舞い、カミサンを最寄り駅まで送って一度実家に戻り、片付けものをして、母にミカンを届けたら、今日は札幌駅近くのホテルに泊まっている。

月曜日にもう一息仕事をして、千葉に戻る。いろいろと細かな仕事が、私を待っている。ソツなくこなして参ろうゾ。
明日の会議に備えて、千歳に泊まっている。
レンタカーを借りておかねばと早めの羽田発JALに乗れば、わが社の社長も乗っておられた。びっくり。
f0057955_1048415.jpg
コンパクトカーで頼んでいたレンタカー、ヴィッツかマーチのつもりでいたら向こうの都合でマークXを貸してくれた。9千円台で思わず良い車でドライブができる。

ホテルに入って窓から見下ろせば、焼き鳥屋の提灯。
数串を頼んでおいて、コンビニでビールを買い、も少し時間があるのでビデオ屋でレンタル切れの中古DVDを買う。5枚で千円だって、安すぎネェかこれ。こーゆーメディアも、使い捨ての時代か。

ホテルに戻り、焼き鳥とビールをお伴にPCでSF映画鑑賞。今夜は早寝が吉と出た。
気候シフトとか、気候ジャンプとも言うらしい。
農研機構のサイトを見ていたら、1998年の気候シフトにより北海道でもワインの高級原料たるピノ・ノワールの栽培が可能になったとの記事。断定したな、驚いた。

Wikiによれば、レジームシフト(Regime shift)とは、気温や風などの気候要素が数十年間隔で急激に変化すること。2000年を少し越えた頃に「あの時はレジームシフトであったのか」と言った議論があって、「そうだったのかもしれないが、もう少し長い目で見なければ判らない」が結論だったと記憶していた。

今になって見れば、もはや断定すべきと言う事か。
気温の変化とか、海流の蛇行とか、漁獲量の変動も乱獲によるばかりでなく、地球規模の生態系に影響を及ぼす諸環境の変曲点であったのか。

平安時代の奥州平泉で藤原氏が栄えた頃、今より気温が高かったからとの話もある。地球温暖化とやらでは説明できない、大きな動きがあるのだろう。人間の浅はかな観測では、なかなか捉えきれないものだ。

農業者は、これを体現し、果敢に挑戦すべきであると思う。
6日 何やら久々の通勤、エスケープ号で切る風が心地よい。
出張精算をして、参加した現地検討会のまとめなど。
有意義な経験は社内で共有化を急ぎたい、技術系シニア社員のなすべきことである。

帰宅して、生鮭(冷凍だけど)を焼いて大根おろし。これを食べたかった。あとはカブの葉の味噌汁と、冷蔵庫の残り物をいろいろ。

7日 単身赴任の千葉で客死した同僚、朝イチで会社でお別れ会。気を取り直して、10月の売上高実績をまとめる。

昨日に増して昼間は暖かだ。
昼休みには念願だった1100円床屋に行き、サッパリとして午後は技術資料のまとめの続き。

帰宅して、ピーマン系が余っていたから、牛肉とタケノコを買ってきて青椒肉絲。大根と豆腐揚げとエリンギの煮物など。
この陽気も今日まで、明日からは崩れるらしい。
3日 金曜日で文化の日で祝日なのだが、カミサンは仕事。
良い天気なので、私はエスケープ号で出かけて、昼にはラーメンを食して帰宅する。夜は鶏肉と根菜などの煮物、粉を付けない治部煮みたいになった。
f0057955_20133496.jpg
4日 朝は軽めにヨーグルトなど、昼に向けてポトフを作ってみた。なかなか美味しくできて、白ワインと共にカミサンと優雅にランチをいただく。

札幌の家を貸す契約書に捺印して送り、机周りを片付ける。
買い物に行って、夜は豚シャブ。夕方から気温が下がったとはいえ、とても暖かな秋の一日だった。
f0057955_20181053.jpg
5日 昨日のニュースで、津田沼でソーセージとビールのイベントあり。これは行かずばなるまい。
家の掃除をして、昼前に津田沼に到着。駅前の公園では、名物「習志野ソーセージ」とドイツビール各種の屋台。聞けば、10月に開催予定だったが台風で順延したとか。昨日今日と晴れて良かったですね。

天候に恵まれたこの三日間、久しぶりに家に居て、いろいろしてリセットできた気がする。TVでは、トランプの娘さんが来たとやら、大統領夫妻も来たとやら、シンゾーとゴルフをしたとやら、そして神奈川の殺人鬼のその後やら。
2日 現地検討会は朝の9時半に熊谷駅発だ。
隣駅前のホテルに泊まっているので、朝飯を食べたらホテルの露天風呂で温まって優雅に出発、こりゃ素晴らしきサラリーマン生活。
f0057955_184243.jpg
現地検討会では、飼料イネの収穫実演。新開発の収穫機で即細断して後ろのワゴンに積み、ダンプカーで飼料基地まで運んでロールしてラッピングする。
f0057955_18112039.jpg
ラップマシンも三機種がデモしてくれて、参考になりました。

収穫風景、ラッピングの様子などすべてiPodで動画に撮ったので、来週には事務所で社内イントラにUPして共有化しよう。便利な世の中である。
30日 午後から久しぶりの飼料開発の社長さんが来社。
またもや状況が変わっていて、面食らったが社内の仕入れ部署には繋いでおいた。

打診していた商社に嫌われたとか言っていたが、相変わらず、悪気はないのであろうが、自分中心で宇宙が回っている方で、相手にしてみれば都度々々に話が変わっては付き合いきれないのが本音だろう。期を見て助言してあげようかな。

自転車での帰路は、風が強く、物凄く寒い。
私は風の子」と頑張って帰ってきたが、煮物を拵えてカミサンと燗酒で体を温めた。

31日 製品チラシの編集原案をまとめて、夕方は時間があったので早めに退社してクリニックで処方箋を貰い、一か月分の降圧剤をゲット。ああ、今日で10月も終わってしまったのだ。
f0057955_18263448.jpg
1日 飼料用イネの事例発表会で熊谷は籠原に来て泊っている。
千葉からだと二時間以上かかるので、今日の午後からなのだが直行。明日の現地検討会の後は直帰の予定である。

画期的な飼料イネ「つきすずか」と、これを収穫する装置と添加する乳酸菌。補助金頼みと言われればそれまでだが、田んぼから高品質な自給飼料を生産できる技術体系は整ったと言える。
27日から札幌に行っていた。母が一般病棟からリハビリ棟にベッドを移すことになり、リハビリ棟は私服で過ごすので、持っていくものがいろいろある。

いちいち動くときにイテテテと言っていた母も、ずいぶんと痛みは和らいだようで、一時は落ち込んでいたが気分も上向いて来た。やはり人間ポジティヴにならねば。

土曜日に洗濯物と普段着を届けて、今日は追加で頼まれたものを二つ三つ持って行った。まだ趣味の漢字ナンクロに向かう気は起きないとやら、前回の入院で好評だった香月日輪の、今度は妖怪アパートシリーズを持っていったら面白く読み込んでいるようだ。

新千歳空港からのJetstarfは、成田上空で台風の雲の中を降下するが、なかなか地面が見えなかった。30分ほど遅れて着陸、成田では大雨だったがバスを降りた検見川浜はパラ雨で助かった。

冷蔵庫の野菜の処理を目的にカミサンと夕飯。
土日が休めないと、この頃はツライ。明日からはノンビリ仕事をさせてもらおう。外では台風による雨が強まってきたようだ。
昭和38年の今日、東海村の試験炉が発電に成功したのだそうな。
また昭和31年のこの日は、日本が国際連合の専門機関「国際原子力機関」に参加した日なのだそうな。

後者は私が生まれて間もない頃、そして前者は私が小学生の頃。
英国に学び、そして米国に学び、我が国の技術者たちはバラ色の未来を夢見て努力したのだろうな。この分野を人間の英知で開拓できる、制御できると信じて。

何せ発生するエネルギーが従来とは桁違いだ。そして周辺設備が膨大に必要でこれは金が回る。敗戦国が、復興の過程で新たな産業を立ち上げる魅力は大きかった事だろう。イケイケドンドンの良い時代だったのだ。プルトニウムが手に入るからと考えたかどうかは知らない。

あの頃に戻って関係者に教えてあげたい。
原子力発電は人間の手に負えません。廃棄物処理は難題としてず~っとついて回りますよ。コントロールできたつもりでも、どこかでミスがあれば事故ります。事故ったら取り返しがつきません。

多分、聞く耳を持たないだろうな。懲りなきゃ分からないのが人間だ。しかし、懲りても分らないのは頭悪いのである。発電以外に目的があるンじゃねと、勘繰られるだけだ。

原発は計画的に諦めよう。輸出するなど恥晒しもいいところだ。
23日 台風一過の青空、しかし風強し。
f0057955_21124456.jpg
わが社の自転車置き場の屋根が破損していた。風で煽られたものか、何かが飛んできて当たったものか。まあ、ゴウゴウと凄まじい風だったのだ。
しかし、朝から雨は上がったので、自転車通勤はできたのだ。夕方からは青空になったけれど、風は強いままだった。

24日はポルテ号通勤。
f0057955_21154265.jpg
近所の船着き場の公園、何やらシュールにカボチャ共が転がしてあった。

他社製品との比較資料を作りこみ、定時になればさっさと帰宅。朝は珍しく二日酔いであった。夜遅くに料理をしながら酒を飲むのは、やめておこう。気温が上がったのは昨日だけ、今日はまた寒さを覚えたことだ。
21日 夕方に帰宅し、届いていた鮭などで鍋。疲れていたので早めの就寝が吉である。

22日 朝飯を作って食べて、掃除して、昼飯には土産のホタテ貝柱の炊き込みご飯。枯れが目立ってきたベランダゴーヤを仕舞う。
f0057955_2201613.jpg
もう一回、ゴーヤチャンプルーが食べられそうだ。

雨が激しい中だが投票に出かけた。時折横殴りの雨になる、これでは投票率も低かろうと思う。買い物して戻り、溜まった冷蔵庫の内容物の片付けに専念する。五つほどあるパプリカ、オーブンで焼いてマリネでいただくことにした。
f0057955_2225744.jpg
予熱してから200℃で30分ほど焼いて、冷ましてから皮をむく。その後はオリーブ油とバルサミコ酢で和えておく。
f0057955_2241765.jpg
次いで、セロリの茎を漬物にして、葉は刻んでひき肉と混ぜ、ミートパイを作る。
f0057955_2252976.jpg
この後、興が乗って牡蠣と蛸とマッシュルームでアヒージョまで作り、カミサンとワインで乾杯。やはり休日は料理三昧となる、楽しいのだからイイ事なのだろう。
f0057955_22361135.jpg
TVでは自民党の圧勝を伝えている。
小池にハマって野党のつぶしあい、これを避けるための動きが「排除」の一言でぶち壊しだ。私は改憲保守だが横暴な自民党は支持しない。与党に自重を迫るべき政局に、お陰で国民の信任とやらを与えてしまった格好だ。

ハゲで名を売った人が落選、有権者も品位を見る目はあるということか。しかし、政権を取り、あれだけミットモナイ首相を演じた民主党の歴代の方々や、今回民主党を壊した人が、早々と当選の報。呆れるばかりだ。
昨日と今日と、入院した母にイロイロ届けたり、入院手続きを進めたり、少しは仕事も追いかけてくるし、実家の畑はそろそろ終わらせねばならぬ。

ようやく、枝豆を収穫し、長ネギを抜き、ニンジンを掘り、これらは本来は母の冬の保存食材になるはずであったが、本人が入院したのでは仕方がない。月寒の叔母様にお届けしてきた。
f0057955_19263923.jpg
近所のスーパーで見つけたサッポロ・ウイスキー。粗いが値段相応、まあイインじゃないでしょうか。

明日は千葉に戻ろう。Jetstarが安いのは助かるのである。
17日 起床すれば雨、エスケープ号での通勤は諦めざるを得ない。とか言いながらカミサンと朝飯を食べていた朝7時、札幌の実家の母からヘルプコール。
昨日から再び腰が痛くなり、立てなくなったとの事だ。前回は我慢して気を失ってしまった(迷走神経反射と言うらしい)ので、今回は早めの申告。正しい判断というべきであろう。

会社に行くのを諦めて、ちょうど安かったJetstarで札幌に飛んで行った。途中で買い物をして降り始めた大粒の雨の中、実家に着いたのは5時。カリフラワーと牡蠣のフライを拵えて母と食す。

18日 起床すれば実家の庭は真っ白、昨夜は雷鳴が轟いて荒れ模様だったが、まさか降雪とは。
腰の痛い母を車に乗せて整形外科、日常生活に支障があるのであれば入院さぜるを得ませんねと医者の言葉。病院専属の健康相談員さんから話を通してもらって、一月前に退院してきたばかりの老人病院に再び入院することとなった。

慌ただしく実家に戻り、必要最小限の身支度をして病院へ。
前回のリハビリ病棟には空きがなく、一般病棟に入れてもらい空きを待つこととなった。私ももう一日二日は札幌に居なければならぬようだ。

これで有給休暇は使い切ってしまい、欠勤扱いとなる。すぐに首になるわけでもないが、そろそろ私も覚悟を決める時が近づいているようだ。
この寒さはどうしたことだ。
通勤には堪らず上着を羽織ったが、その上にレインコートでも良かったかもしれない。エスケープ号で通勤できないので、気が滅入るのである。

小雨は時折風を伴って一日中降り続けた。
終日の雨天曇天では、ますます気が滅入るのである。

あまりにも寒いので、牡蠣を買ってきて鍋をこしらえた。勿論、燗酒でいただいたのだ。カミサンと鍋をつついて、雑炊にして、風呂上りにビールで再びのどを潤せば(こらこら、まだ飲むか)ようやくヒトゴゴチ。

明日は晴れ間をぬって自転車通勤できますように。
昨日の土曜日は、時折小雨降る肌寒い日だった。
起床して、昨夜のうちにストウブ鍋で作ってあった紅玉フィリングで、張り切って林檎パイを作るも失敗。型に入れようとしたのが敗因だった。
f0057955_14131642.jpg
で、悔しくて西友まで行って冷凍パイ生地を買ってきて、今日のブランチにリベンジ。うーむ、まあ上出来ではないでしょうか。

今日は朝から小雨がやまぬ。やはり気温が低い。
カミサンの壊れたスマホが直ったものの、我が家のwifiのパスワードとやらが判らぬ。上の息子にヘルプを出したら、すぐに来てくれて有難い。

よーし、今度はミートパイを作って持たせることにしよう。毎度のことながら、料理に張り切る土日であった。

備忘録
12日は出張報告やら出張精算やら、午後からは全国をTVで結んで研究会。13日の金曜日は、昼までアミノ酸分析値の集計など、午後からは幕張メッセで農業資材EXPOを冷やかす。植物工場とドローンに関する展示が目立った。
10日 さあて今日からは出張日、午後の会議に向けて研究所に向かう。時折小雨降る中を実家をカメレオン号で出て、中島公園でカメ号をキレイにフキフキして、すすきののレンタカー店で車を借り、カメ号を積んで新千歳空港。

同僚をピックアップして研究所で製品チラシ更新の打ち合わせ、終われば道央道で実家に戻り、電気店に頼んでいたTVに接続する録画装置の確認。

題名のない音楽会、母が楽しみに見ていたのだが何と10月から北海道では朝6時の放送になってしまって、困っていたのだ。これで録画ができるようになった。

11日 移動日、しかし帰る前に母を近所の病院に連れていく。
整形外科の腰椎の先生からは骨密度対策に一日一回自分で皮下注射するフォルテオ剤を勧められたが、目の前でデモして見せてくれても自信が持てない母は、週に一回病院で注射してもらうテリボン剤を選択したのだ。

初回なので副作用が心配だったが、注射して30分程横になっていたが特に問題はなかったらしい、一安心である。

実家に戻り、残りの枝豆を収穫し、不足品の買い物に行き、TVの番組録画の方法をメモして母に説明して私は新千歳空港に移動。夜8時前には成田空港に到着し、9時過ぎにはカミサンとビールが飲めた。

いろいろあった一週間だった。今月はもう一度札幌に行かねばなるまいナ。
8日 ゴーヤのグリーンカーテン、今年はメンテ不足で繁茂せず、したがってゴーヤの収穫も少なかったが、仕方がない。
畑に掘った穴にコンテナを空け、ゴーヤの枝葉をネットから外して後始末だ。小さな実がある程度採れたので、明日にでもこれで最後のゴーヤチャンプルーを作ろう。
f0057955_19405793.jpg
今夜はリーキでキッシュ、スーパーでは北海道ならでは「かすべ」の切り身があったので、これを煮て、ヘンテコな組み合わせの夕食となった。旨かったけど。

9日 昨夜は遅くまで孤拳伝2を読んでいたこともあり、夜中に二度も小便に起きた。母もそうだったと言うので、これはリーキに利尿作用でもあったものか。ネットで調べたら、どーもそうらしい。

今日は畑の後始末の三日目。母のために畑に打ち込んであった鉄パイプ(結局のところ今季は使わず仕舞い)を抜いて、後片付け。これで畑はズッキーニと、晩成枝豆のみとなった。
f0057955_2094815.jpg
午後からは買い物、札幌郊外の住宅地の街路樹は、すでに紅葉が進んでいる。今日は暖かで、ペダルを漕ぐと汗ばむ自転車日和。カメレオン号で十五島公園などを流しつつ戻り、母とゴーヤチャンプルーで夕食。しつこく「かすべ」もまた買って畑のネギと合わせて酢味噌で和えた。旨い、幸せである。
実家の畑の枝豆が、二回目の収穫時期を迎えている。
種を蒔いた後は放ったらかしだが、枝豆は雑草にも負けずに実るのだ。少し密植だったけれど、豊作だった。取り頃の木を全部引っこ抜いて、莢は付けたまま葉だけを落として、近所にも配り叔母宅にも配達した。
f0057955_17323380.jpg
我が家の分も大鍋に二度に分けて煮て、豆を外して一回分毎にラップして冷凍庫。母の料理の材料となる。
f0057955_1734889.jpg
道東は秋サケが不漁と聞いたが、スーパーでは生サケを売っていたので、今夜は石狩鍋でもこしらえよう。

6日 母を乗せて整形外科。第3・第5腰椎の圧迫骨折は治癒したが、新たに第2にも影がある。退院後にも腰が痛むのはそのせいか?落ち込む母が気の毒である。
こうなれば対症療法ではなく積極的に骨を強くすべしとて、自分で行う一日一回の皮下注射を勧められたが、目の前でデモして見せてくれたが、母にはハードルが高い。一週間に一度 病院で行う注射を選択することとした。
帰路に寄った近所の内科医院で注射は対応してくれることになり、これは有難かった。
2日 朝礼があり、その後はデータ整理。
そろそろ9月の実績が見えてきて、順調すぎる数字に驚く。
f0057955_18314348.jpg
閉めたイズミヤさん、只今イオンに模様替え中である。近くにスーパーがないととても不便だ。
歯医者で定期メンテして、隣町のイオンで初サンマを買って帰り塩焼きで食す。職場でカボスをもらったもので、、、

3日 今にも降り出しそうだが自転車通勤、ポツポツ雨のうちに事務所に着。午前中は会議、午後からは残務整理をいろいろ。
気温は低いのだが湿度タップリで、大汗をかいて帰宅した。

街では選挙の立て看板が設置され始めた。
立憲民主党とは恐れ入ったが、護憲の立場を明確にした良いネーミングかもしれぬ。私は現実に即して改憲すべき派であるが。

思想的に寄合い所帯だった民進党は分裂、希望の党はどこまで勢力を伸ばすのか。支持政党などない私だが、傍で見ていると面白いのは確かだな。
争点は憲法と消費税になりそうだが、安倍首相の放漫への批判票がどんな形で現れるのか、ミモノではある。
昨夜はカミサンが女子会で、私はと言えばジェノベーゼ・パスタの復習をして、麻婆豆腐を作りて食べつつビールを飲み、給食のおにいさんの第三巻を読了して就寝したようだ。
f0057955_2242894.jpg
今日は掃除して、ベランダの赤唐辛子を収穫して、酒を買いに出たほかは家のことを中心にいろいろと。

思いのほか大量に収穫できた赤唐辛子、刻んで長ネギとニンニクとゴマ油で煮て、砕いた胡桃と松の実に注いで、所謂「食べるラー油」を作ってみた。

晩飯には、これを豆腐に乗せてみた。うーむ辛い。
芋とレンコンとエビとホタテと隠元と豚肉を茹でて、チーズフォンデュ。酒屋でこれに合うワインを選んでもらい、久しぶりのビフォアアフターを見ながら、カミサンともども幸せになったところだ。

もはや10月になってしまったか。
あと三か月で今年も終わるのだな。仕事は暇なれど、プライベートではバタバタだった今年も、ゴールが見えてきた感がある。
否、何があるかは判らない。まだまだ緊張しつつ参ろう。